家族のための資産運用

お得なサービスが満載の大分信用金庫

大分信用金庫の預金商品

大分信用金庫では普通預金や定期預金など様々な預金商品を利用することができます。それぞれの預金商品は預入金額や預入期間の設定が異なるだけでなく、店頭表示金利や金利優遇サービスの有無も違います。そのため資産運用を中心とした様々な目的に適応することができます。大分信用金庫を始めとする金融機関では投資信託や債券などの金融商品でも資産運用できますが、預金商品は低リスクで種類も豊富なので初心者にもオススメです。

大分信用金庫で最も基本的な預金商品は、普通預金です。普通預金は店頭表示金利が低い反面、決済や資金移動機能が充実しているのが特徴で、給与や年金が自動的に受け取れる他、公共料金やクレジットカードの支払いも自動的に行うことができます。そのためお金の管理全般を普通預金で行うことができます。さらに大分信用金庫では普通預金に定期預金やカードローンをセットして総合口座として運用することもできるため、資産運用や資金調達を同時に行いたい場合は、ただの普通預金ではなく総合口座にするのが効果的です。

より収益性の高い運用を目的とする場合は定期預金がオススメです。大分信用金庫ではスーパー定期や大口定期預金といった定番の商品を取扱っている他、年金定期預金や福祉定期預金などの金利上乗せ定期預金も提供しています。双方は異なるメリットがあり、定番の定期預金は大分信用金庫の利用者ならば誰でも申込めるのが特徴で、金利上乗せ定期預金は平均金利を上回る高い適用金利が特徴です。昨今は預金商品の基準金利を引き下げる金融機関が多いため、金利上乗せ定期預金の人気が高まっていますが、金利上乗せ定期預金は初回満期日を迎えると同時に金利上乗せの適用期間も終了してしまうため、定番の商品のほうが使いやすい場合もあります。

現代は将来に対する不安から、貯蓄に力を入れる利用者が増えています。大分信用金庫でも貯蓄に特化した預金商品である定期積金を取扱っており、利用者の資金形成をサポートしています。定期積金は毎月決まった預入日に積立を行うのが特徴で、満期日に積立総額を受け取ることができます。月々の積立金額や積立期間を調節することで自由に資金を貯められるため、将来のための貯蓄はもちろん、定期預金に預ける余裕資金や、住宅や自動車の購入資金など何でも貯めることができます。