家族のための資産運用

資産と元本保証

元本保証の注意点やトラブル

元本確保は一見無害なようにも見えますが、注意点やトラブルもあります。たとえば代表的な注意点は、元本保証されるかどうかしっかりチェックしましょうということです。これは意外と引っかかる人が多く、とくに銀行の商品はなんでも元本保証される、安全だという思い込みがあるためにおこります。

とくに投資信託や保険など、あいまいなものに引っかかる人が多く、元本保証という言葉に誘導されて不必要な保険の契約をしてしまったという人もいます。このように、基本的には元本保証の言葉につられて商品を契約してしまうことに対する注意点が多いのです。それほど元本保証が魅力的だということでもありますが。

元本保証に関するトラブルもこのような確認不足によって起こることがほとんどです。そもそも金融関連のトラブルはとくに女性やお年寄りに多く、最も多いのは元本保証だからと契約した商品の解約を申し出たら、中途解約のための違約金を請求されたというトラブルです。違約金は銀行など金融機関によって若干異なりますが、高い違約金を泣く泣く支払ったというトラブルに泣かされる人が多いのです。

もちろん元本保証がされなかったというトラブルもありますが、日本ではあまりないことです。とはいえ元本割れしたら大変なので、個人で対策を立てている場合もあります。その方法は、もし金融機関が経営破たんしてしまったときのために、複数の銀行に1000万円ずつ預金を分けるという手段です。